今治・大島(馬島)のグランピング&ホテル「GLAMPROOK しまなみ」

はるか遠くまで青く広がる瀬戸内の海を間近に感じ、優雅なひと時を過ごしたいと思いませんか?

自然と贅沢な空間を一緒に味わうならば、気軽にアウトドアを楽しめるグランピングは最高の形です。

けれど、テントではなくホテルのお部屋でのんびりくつろぐスタイルもまたいいですよね。

さてどちらにしようかと迷っている方にぴったりの場所があります!

今回は今治市大島の近くにあるグランピング&ホテル「GLAMPROOK(グランルーク)しまなみ」をご紹介します。

目次

今治・大島(馬島)の「GLAMPROOK しまなみ」って?

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

まずひとことでお伝えします。

ここは日常生活から離れて、特別な世界が体験できる場所」なのです。

すべてのお部屋から見える景色は、

賑やかなビーチリゾートとは違い、自然が織りなす海辺の世界そのもの、渦潮(うずしお)・洞窟・潮騒などを目にすることができます。

その特別感の秘密は、立地にあります。

GLAMPROOK(グランルーク)しまなみは、今治と大島の間にある、「馬島」という小さな島にあります。

まず、飛行機や列車で今治市に到着後、来島(くるしま)海峡大橋を渡ります。

この橋は今治と大島をつなぐ立派な長い橋ですが、大島までは行かず馬島(うましま)でおります。

この馬島で暮らしている方は10人にも満たないと言われており、許可された車しか島に入ることができないという特別な時間が流れている場所なのです。

そんな馬島にある、自然を間近に感じられるグランピングとゆったりとした時間を過ごせるホテルの両方を備えた宿泊施設、それが「グランルーク しまなみ」なのです。

「GLAMPROOK しまなみ」はオールインクルーシブ

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

さらにここGLAMPROOKでは、宿泊料金の中にさまざまな特典が含まれており、追加料金を支払う必要のないオールインクルーシブなのです!

ではどんな体験ができるのか、さっそく具体的に見ていきましょう。

プレジャーボートによる送迎

今治港からこのGLAMPROOKまで、ここに宿泊する方だけが利用できる専用の送迎ボートであるプレジャーボートが利用できます。

瀬戸内の風を感じながら来島海峡の景色を存分に楽しみましょう。

レストランでのお食事

朝食と夕食は、GLAMPROOKにあるレストランで海を眺めながらいただきます。

海老、鯛、アワビなどの魚介からみかんまで、季節ごとの瀬戸内の名産を使った贅沢な夕食のコース料理は絶品です。

朝食は和食と洋食から選べます。

バーでフリードリンク

バーコーナーでは、目の前に広がる大海原を眺めながらドリンクをいただきましょう。

地元で作られたワインや日本酒のほか、ビール、ジュース、コーヒーなどさまざまな種類のドリンクがあり、セルフスタイルでなんと飲み放題という贅沢なサービスなのです。

夕食時にもこちらのバーのドリンクをご利用いただけます。

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

大浴場

男女それぞれの大浴場で、疲れた体を癒しリラックスした時間を過ごせます。

さらに、湯船に浸かりながら目の前に広がる瀬戸内海の景色を堪能できるという格別な体験ができますよ。

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

シーグラスを集める

「海からの贈り物」などと言われる、海辺に漂着したガラス片 シーグラスを、GLAMPROOKの目の前の浜辺で拾うことができます。

お持ち帰り用の瓶まで用意してくれるという温かいサービスもうれしいですね。

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

サウスデッキでひとときを

海風を感じたい時は、サウスデッキに座りましょう。

グランピング施設の前を通り、海辺へ続く細い道の先にあります。

行き交う船を眺め、それぞれ思い思いの時間をのんびりと過ごすことができます

美しいサンセットに出会えるかもしれませんね。

うれしいドリンクサービスの時間も是非利用しましょう。

洞窟探検も

サウスデッキの近くには、長年の潮の満ち引きによって作られた洞窟があります。

自然の力で作られた洞窟は、どこに行こうかと迷いながら探検を楽しめます!

干潮時には瀬戸内海ならではの渦潮を目の前で見ることもできますよ。

スカイウォークを歩く

今治と大島を結ぶ見事な来島海峡大橋の遊歩道を歩いてみませんか?

海面から高さ80メートルの橋から眺める瀬戸内海は、GLAMPROOKから眺めていた景色とはまた一味違った絶景を味わうことができますよ。

スタッフの方がご案内してくれるツアーになっているので気軽に参加してみましょう。

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

またサイクリングを楽しみたい方には、有料で電動自転車の貸し出しも行っていますのでホテルの方にお尋ねください。

「GLAMPROOK しまなみ」の客室紹介

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

「GLAMPROOKしまなみ」に宿泊すると、特別な世界を体験できることがわかりましたが、いったいどんなお部屋に泊まれるのか気になるところですね。

ここでは、グランピングとホテル、好きなタイプを選ぶことができるのです。

グランピングタイプ

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

瀬戸内海の海をより間近で体感したい方には、おしゃれなグランピングタイプのテントに泊まりましょう。

テントと言っても、電気が通っているのでエアコンや冷蔵庫まであり、ラグジュアリーなアウトドアを体験できます。

アウトドアリビングでは、潮風を感じながらくつろぎの時間も過ごせます。

海辺に設置された”COCOON HOUSE コクーンハウス”と呼ばれるテントハウスには、セミダブルベッドが4台設置されており、4名様まで一緒に宿泊できます

潮騒の響きを感じながら心地よい眠りにつくことができそうですね。

テント内に水まわりの設備はありませんが、GLAMPROOK内の大浴場やお手洗いなどを使えるので安心して贅沢な時間を満喫できますね。

ホテルタイプ

引用元:GLAMPROOKしまなみ公式HP(https://glamprook.jp/umashima/)

お部屋のベッドで落ち着いて時間を過ごしたい方には、人数に応じていくつかの種類から選べるホテルタイプのお部屋がおすすめです。

お部屋のつくりがそれぞれ異なりますが、全室オーシャンビューのお部屋は広々と使え、ゆったりした贅沢な時間を過ごせます。

ジュニアスイートのお部屋では、5名様までご利用できるお部屋と8名様までご利用できるお部屋があります。

タイプA/B/C/Dそれぞれ眺望が異なるので、お好みに応じて予約しましょう。

スーペリアツインのお部屋では、3名様までご利用できます。

半露天の客室風呂を利用できるので、ご家族やカップルでの利用にも嬉しいですね。

「GLAMPROOK しまなみ」へのアクセスは気を付けて!

こちらの「GLAMPROOKしまなみ」に宿泊のご予定を立てた方、ご自身のお車で行けるところは今治港までとなっているのでご注意ください! 

なぜなら、この馬島へはあらかじめ許可された車しか入ることができないのですよ。

お車でお越しの際は、今治港にあるお客様専用駐車場にお車を停めて、そこから「GLAMPROOKしまなみ」の専用送迎ボートまたは専用送迎車をご利用ください。

送迎ボートは便数・定員に限りがありますので、宿泊を予約した際にご一緒に予約をしましょう。

そのほか、定期船や路線バスでのアクセスも可能です。

プレジャーボートでの送迎

今治港 第二桟橋発:14:30 / 15:30 / 16:30 / 17:30*
馬島桟橋発:9:10 / 10:10 / 11:10

*11月から2月は日没の影響により17:30便は運休

予約状況と港湾都合(大型客船の入港)により、時間が変わる場合もある
便数および定員(1便につき12名様まで)に限りがあるため、予約時に要申し込み

専用車での送迎

今治港 専用駐車場発:14:40 / 15:30 / 16:20 / 17:10
グランルーク発:9:00 / 9:40 / 10:20 / 11:00 / 11:40
※自家用車での入島はできませんのでご注意ください。

定期船「くるしま丸」

波止浜港→馬島港 約20分
到着後徒歩約3分

路線バス

今治駅→馬島バス停 約16分
下車後徒歩約10分

「GLAMPROOK しまなみ」の基本情報

項目詳細
所在地愛媛県今治市馬島1006(馬島)
価格帯54,000円〜(2名1泊)
営業時間in 15:00-18:00 / out 11:00
定休日
その他

\ 今すぐ空室状況をチェックする /

まとめ

グランピングのテントに泊まり瀬戸内の海を間近で感じたい方も、オーシャンビューのホテルのお部屋で贅沢な時間を過ごしたい方も、「GLAMPROOKしまなみ」は絶好の場所であることがわかりましたね。

馬島という特別な時間が流れる場所で、瀬戸内の絶品を味わい、思い切りラグジュアリーな時間を味わってみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次